イメージ画像

褒め言葉の役割

褒め言葉は恋愛には重要な役割を持っていることは、
ご存知でしょう。
褒め言葉を上手に使える人間は、
その外見が駄目でもちょっとした欠陥があっても恋愛対象として認識されることが多くなるのですよ。
しかしながら、
褒め言葉というものを浴びせられて、
そのままの意味で受け取ることは危険なのです。
人間というものは、
本音と建前で生きています。
いつも発する言葉が、
本音ばかりとは言えません。
面識が薄ければ、
本音の部分は非常に少ないといっても過言ではないでしょうね。
たとえば恋愛対象に贈る言葉でも、
本音と建前があるのですよ。
たとえばその時計、
いい時計だよね?
なんて褒め言葉です。
恋愛のマニュアル本なんかにも、
体の部位や顔のつくりなんてものは褒めずに、
装飾品を褒めろなんて言葉が載っています。
しかしこれははっきりいって褒める部分がないからなんです。
普通に自分の好みのカワイイ女性が目の前にいれば、
思わずかわいいね?と出てくるはずなんですよね。
だからこれを初対面で顔を合わせた瞬間に言われた場合には、
恋愛関係を結べる可能性は低いといえますよ。
男性は顔が駄目であれば、
胸やお尻などに視線を移し、
いいところを探そうとします。
それでもいいところが見つからなかった場合の褒め言葉が、
上記の言葉になるのですよ。.

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:コラム

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ