イメージ画像

彼にとっては負担

私は「完全」を求めていました。
それは何事に対しても。もちろん恋愛に対しても。
「完全」な自分になれば彼は私から離れないだろう。
彼が「完全」であれば私の心は安定する。
そうした「完全な恋人同士」は必ず長続きするし
結婚にも繋がってくような気もしていました。
そんな完全思考は彼にとっては負担にしかすぎませんでした。
「何故SEXを求める?」
「疲れないの?」
と彼から問われたり、
「そこまで言われたら苦しくなるよ」と敬遠されてしまうこともありました。
私は「完全であること」を望みすぎているのではないかと考えるようになりました。
よくよく考えれば
「100%叶う願い」が無いように「100%の完全な人間」なんて居ないんですよね。
彼に完全を求める事や、私自身が完全になる事ではなく
1%でも良いから、伸ばしていく努力が必要。
恋愛においては「一緒に不倫SNSサイトをやろう
!」という姿勢が大切なんだと悟りました。
それからは完全を求める事もなくなり、彼と一緒に成長していく事に重きを置いた事で、2人の結びつきも強くなったように感じています。
自分自身が「完ぺき主義」な人にこんな思考が生まれるパターンが多いようです。
もし、何処か自分自身を追い詰める癖のある方は少し気をつけてみると良いかもしれませんよ☆.

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年1月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:コラム

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ