イメージ画像

褒め言葉の役割

褒め言葉は恋愛には重要な役割を持っていることは、
ご存知でしょう。
褒め言葉を上手に使える人間は、
その外見が駄目でもちょっとした欠陥があっても恋愛対象として認識されることが多くなるのですよ。
しかしながら、
褒め言葉というものを浴びせられて、
そのままの意味で受け取ることは危険なのです。
人間というものは、
本音と建前で生きています。
いつも発する言葉が、
本音ばかりとは言えません。
面識が薄ければ、
本音の部分は非常に少ないといっても過言ではないでしょうね。
たとえば恋愛対象に贈る言葉でも、
本音と建前があるのですよ。
たとえばその時計、
いい時計だよね?
なんて褒め言葉です。
恋愛のマニュアル本なんかにも、
体の部位や顔のつくりなんてものは褒めずに、
装飾品を褒めろなんて言葉が載っています。
しかしこれははっきりいって褒める部分がないからなんです。
普通に自分の好みのカワイイ女性が目の前にいれば、
思わずかわいいね?と出てくるはずなんですよね。
だからこれを初対面で顔を合わせた瞬間に言われた場合には、
恋愛関係を結べる可能性は低いといえますよ。
男性は顔が駄目であれば、
胸やお尻などに視線を移し、
いいところを探そうとします。
それでもいいところが見つからなかった場合の褒め言葉が、
上記の言葉になるのですよ。.

タグ

2012年2月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:コラム

彼にとっては負担

私は「完全」を求めていました。
それは何事に対しても。もちろん恋愛に対しても。
「完全」な自分になれば彼は私から離れないだろう。
彼が「完全」であれば私の心は安定する。
そうした「完全な恋人同士」は必ず長続きするし
結婚にも繋がってくような気もしていました。
そんな完全思考は彼にとっては負担にしかすぎませんでした。
「何故SEXを求める?」
「疲れないの?」
と彼から問われたり、
「そこまで言われたら苦しくなるよ」と敬遠されてしまうこともありました。
私は「完全であること」を望みすぎているのではないかと考えるようになりました。
よくよく考えれば
「100%叶う願い」が無いように「100%の完全な人間」なんて居ないんですよね。
彼に完全を求める事や、私自身が完全になる事ではなく
1%でも良いから、伸ばしていく努力が必要。
恋愛においては「一緒に不倫SNSサイトをやろう
!」という姿勢が大切なんだと悟りました。
それからは完全を求める事もなくなり、彼と一緒に成長していく事に重きを置いた事で、2人の結びつきも強くなったように感じています。
自分自身が「完ぺき主義」な人にこんな思考が生まれるパターンが多いようです。
もし、何処か自分自身を追い詰める癖のある方は少し気をつけてみると良いかもしれませんよ☆.

タグ

2012年1月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:コラム

別れたいって思ってた

「彼はもう、私の事を好きじゃないんだ」
そう感じた瞬間がありました。
そこには私なりの‘根拠‘がありました。
・連絡の頻度が減ったこと
・一緒に居ても楽しそうにしないこと
・何かを決める時に「好きにしていいよ」ということ
そんな事が続いていく中で、私は彼との恋愛が終わるんだと思いました。
「覚悟をしておかなくちゃいけない」
そんな気持ちをも持つようになっていました。
会っても不安や猜疑心だらけの私の心。
私は耐え切れなくなってしまい
「嫌なら嫌でいいんだよ」
と彼に1つの言葉を投げかけました。
それは私の最後の優しさでした。
彼が別れを切り出しやすいように・・・と。
しかし彼は不思議顔。
「別れたいって思ってたの?」
そう聞く彼に私は「私じゃなくて貴方でしょ?」そういいました。
すると全く彼は別れようだとか私に飽きたという感情が無いことが分ったんです。
何故私はそんな勘違いをしてしまったのか。
私なりの根拠を並べてはいたものの、それらは
「一方向だけ」の視点だったからなのかもしれません。
そんな一方向からだけ、しかも私1人での思考はあたかもそれが
「事実」であるように思いこんでいただけなんです。
覚悟までしていた事を彼に話すと
「飛躍しすぎだ」と笑いました。
「パートナーとはもう終わりなのかも。また出会い系サイトを使おう。」そう思う前に
「一方向からの視点で事実と思いこんでいないか」
と考えてみるのもよいかもしれません。.

タグ

2012年1月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:コラム

家事と愛情と私

今までの恋愛の中で、男性が
「家事」というものをしてもらった経験がありませんでした。
家庭環境からなのか、私自身も
「家事は女性のするもの」と思っていたんです。
ある日
「○○ちゃん(私)の彼、料理しないの!?」
と驚かれた時、私のほうが驚いてしまいました(苦笑)
そんな出会いしかしたことがなかったのですが、
とある男性との恋愛で「家事をしてもらうことの喜び」を知りました。
彼は卒なく何でも出来る人でした。
1人暮らしの経験が長い事もあり、料理もお手の物。
私は男性の手料理など食べた事が無かったので、
「食べてみたい」
とお願いしたことがありました。
パスタにスープにサラダ。
ササッとあるもので、簡単そうに作る彼。
勿論、美味しかったです!
「女性に料理をしてもらうと嬉しい」
なんていう男性が多いのが何となく分ったような気がしました(笑)
結婚をすると家事も「義務化」されてしまいますが、
恋愛の時期における家事は「愛情のやり取り」ともいえるものなのかもしれません。
2人でご飯を作る。
2人で掃除や洗濯をする。
そんな作業から小さな絆や愛情が芽生えていくような気がする私です。
もちろん、家事をしてくれる人にたいして
セックス当たり前」
の意識を持たないことも大切ですよね。.

タグ

2011年11月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:コラム

悪徳サイトは無視!

あなたが有料サイトを利用する時に、料金について納得してから利用するのであれば、問題ないかと思いますが、後から送られてきた請求書を見て驚いた時には注意をする必要があるでしょう。もし利用しているサイトが定額制なら、月々の料金以外の請求は違法になりますので、その分のお金は支払わなくても良いでしょう。
また、サイトによっては、見えにくい所に小さな字で追加料金に関しての事柄が書いてあるところまおりますが、明らかに利用者を騙そうとしていますので、引っかからないように注意して下さいね。課金がある場合は、料金のことについてきちんと確認をしてから利用するようにしましょう。
出会い系サイトを利用した人やメルがいる人は、課金についての問題が結構多いようですので、注意するべきだと思います。そして、全く知らない料金を請求されても支払ってはいけません。
また、他には容量の重たい画像ばかりを使っているコム友募集サイトもあるのですが、問題があるサイトのほとんどは今までにも何か問題を起こしている可能性が非常に高いですので、事前に調査しておくと良いでしょう。
体験談などに信用できると書かれているようであれば、利用しても大丈夫かと思いますが、サイトによっては悪質なところもありますので、登録する時には気をつけて下さいね。
出会い系サイトに登録するとたくさんの迷惑メールが送られてくることがあるのですが、自分が使用していない料金は支払わずに無視するのが一番です。.

タグ

2011年10月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:コラム

ドライブデート

デートの目的地をフルーツ狩りと決めた場合、やはり交通手段はクルマ、つまりドライブがいいですよね。自分が車を持っている場合は、何の迷いもないでしょう。好きな彼女を横に乗せてドライブなんて、最高のシチュエーションですから。また、ドライブの場合はなにか計画に変更があっても、すぐに対応できますし、極端な話、きれいな景色を見ながら走っているだけでも楽しめるのですから。
また免許はあるけど、クルマがないって人は、レンタカーを借りるのもいいでしょう。
きれいに整備されたレンタカーは気持ちのいいもですし、自分で買うにはちょっとハイクラスなクルマを借りるのも楽しいものです。彼女が欲しいと言っていた貴方にはとってもchナスだと思うんですよ!ちなみにこんな時に、女性にレンタカーであることを隠す必要はありません。
っていうか、今どきレンタカーを見破れない女性は少ないでしょう。「せっかくのデートだから借りてみた」とか「今度、この車買おうと思っていて、その試乗も兼ねてドライブしようと思って」なんて言い方がスマートです。
レンタカーの場合、人気車種が早く予約されてしまうこともあるので、数日前には予約を済ませておきましょう。また、レンタカーの場合、ナビが必ずついていますし、禁煙車が殆どです。彼女がタバコの匂いを気にする人なら、清潔感のあるレンタカーが喜ばれるかもしれません。安上がりにすませるなら、友人の車を借りて、行った先のお土産をお礼にするという手もありますね。.

タグ

2011年9月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:コラム

好きな相手との距離感

アメリカの人類学者、エドワード・ホールという人間を知っていますか?
このエドワード・ホールですが、人間の対人関係の距離というものを、4つの距離に分類し、その距離によって、相手と自分がどういう関係でいるのかという学説を発表しました。
人間というものは、そこまで親しくない人間にかなり接近されると、後ずさりしたり、嫌悪感を顔で表したりするものですよね?
ここで大事なことは、一番近い距離である密接距離という関係を築くということ。
恋愛対象が出来た場合には、0センチから45センチという密接距離に自分の身をおけるくらいの親しさを作ってから告白をするようにしましょうね。
45センチというのは結構近い距離ですよ。
一般的に平均的な身長である男性、つまり170センチくらいの男性の指先からひじくらいまでの長さが大体45センチです。
この中に自分の身を置くというのはかなり親密な関係でないとそこには入れませんよね?
違和感なくその距離に自分の距離を置くことができれば、相手も自分に好意があるということの表れなんです。
向かい合って立ち話をする時や、並んで歩くなんていうシチュエーションがあれば、これはチャンスですよ。
まずは、自分がどう思われているか確かめるためにも、思い切ってその距離を縮めてみましょう。
セフレ対象のリアクションをみて、その後の攻め方を決めていきましょう。.

タグ

2011年9月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:コラム

セックス中の会話

セックスというものは恋愛関係においてとても重要だということは皆さん周知の事実であると思います。
性癖というものもいろいろとありますよね?
自分の中で常識だと思っていたことが、相手には非常識であったり、普通の人なら経験済みだろうなんてことが、相手は初体験だったりなんてこともよくあることでしょう。
全ての人間が、どんなセックスも一通り経験していればいいですが、そういう訳にはいきませんよね?出合いサイトで出会った相手もそうでした。
ただ普通のセックスをしてきた人間にとって、オーラルセックスを要求された時に、そこにはお互いギャップというものを感じることでしょう。
セックスなんてものは、他人のその現場を見て比べるなんてことができないので、どれが常識で常識でないなんてものは人それぞれなんですよね。
ただし、無料出会い系サイトで知り合った相手とのセックスの場で言われるとショックを受ける言葉なんてものは共通して存在していますよ。
たとえば、前の彼女の存在を匂わせるような言葉ですね。
今までのセックスの中でも最高のセックスだなんて言動ですね。
男性の中では最高の褒め言葉かもしれません。
しかし女性はそうは思わない。
なんでも知らない相手と比べるのは、嫌なものでしょう。
これを頭に入れておいて下さいね。褒め言葉が逆効果になることだってあるんですよ。.

タグ

2011年8月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:コラム

暇つぶし

出会いを求めて登録する出会い系サイトですが、実際に登録している女性の中には、真剣な出会いを求めるというより、暇つぶしやちょっとした好奇心で登録している人も少なくありません。
こう聞くと、真剣な出会いを求めている男性にとってはがっかりな事実かもしれませんが、実はそんなに悲観することではないのです。というのも、好奇心で利用している女性は「相手次第でつき合ってもいい」と思っているからです。
つまり、全く脈がないわけではないのです。ですから男性のアプローチ次第で、事態はどんどん変化すると言って差し支えないでしょう。
好奇心で利用している女性はもちろんですが、真剣な出会いを考えている女性のどちらも、ネットでの出会いにはかなり慎重です。
警戒心をかなり高めています。元々女性は警戒心が強い動物ですから、これは仕方ありません。逆にいうと、女性の警戒心を解いてしまえば、二人の仲はかなり急接近しているということです。
そして、あなたが相手に信頼されていると感じるようなメールの内容になった時は、相手もあなたへの興味が高まっているはずです。
そうなった時は、本当の出会いへほんのちょっとした一歩を踏み出すだけでしょう。
相手に信頼されるためには、相手女性の話をじっくり聞いてあげてください。相手の話や相談事をしっかりと受け止めてあげてください。
女性は「受け止められる」ことに喜びを感じます。
相手に心を任せることができる、と感じるからです。心を任せれば…。まずは相手の全てを受け止めてみましょう。.

タグ

2011年7月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:コラム

専業主婦の出会いサイト利用

40代女性は携帯サイトよりもPCサイトの方を大いに活用しているようです。既婚者で専業主婦の人も多いので、多くの人が家事の合間などで、大手のポータルサイトやプロバイダーを利用して、ブログやショッピングなどを楽しんでいます。また最近はツイッターやアメーバーピグなどが人気で、積極的に参加しながら仲間を探しています。この年代になると子供も手がかからなくなっていますし、それでいて体力的にも元気いっぱいですから、これから自分の時間を充実させようと思っている人が殆どです。人生経験豊富でありながら、色々なことにも興味をもっていますので、男性に対して話題豊富な人を求めるようです。ネット上では色々なアンテナを張り巡らせていますし、地域の活動にも積極的に参加する40代ですが、社会から離れているという意識もあるので、社会で活躍している男性からの情報を求めています。それでいて「誰かの役にたちたい」という気持ちもあるので、相手の相談ごとには喜んで乗ってくれます。ですから、上から目線でモノを言わないように気をつけ、ちょっとした情報や話題を提供し、流れの中で相談事をしてあげるととても喜ばれますし、人生経験からなかなか役に立つアドバイスをしてくれるでしょう。もちろん最初は、ちょっと頼りになる男性像を意識したほうがいいですよ。まずは相手の愚痴や相談を聞いてあげ、時々ふっと自分の悩みを打ち明ける。そんな、甘え上手な人が相性ぴったりでしょう。.

タグ

2011年6月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:コラム

このページの先頭へ